スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.07.20 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    講演会報告6〜浅田美代子さんとのトークショー〜その3

    20
    JUGEMテーマ:ペット

    引き続き、浅田美代子さんとのトークショーのお話をアップいたします
     

    司会者「所で最近、動物愛護の関係でドイツに行かれたと伺っていますが」

     

    浅田さん「ドイツは殺処分ゼロの国なんですね。ティアハイムという凄いシェルターがあって、私はベルリンに行ってきました。寄付と会費だけでなりたっています。まあ素晴らしい環境で、1頭につき1部屋が与えられている。ドイツではペットショップに犬猫の生体を、いっさい置いていないんですね。本当に欲しい人は、ティアハイムかブリーダーの所で直接見て飼う形しかない。日本のようにペットショップでは売られていないし、素晴らしいなと思いました。

        そしてドイツでは公共機関や電車やデパート、レストランで、犬が人間と一緒に「普通に」(浅田さん、強調される)入っている。そんな環境も素晴らしい。日本では電車に乗るにもゲージに入れなければならない。日本の現状と余りに違うのでびっくりしました。日本もドイツに一寸でも近づいて貰いたいと思いました。日本はちょっと酷すぎる」

     

    司会者「ティアハイムはベルリン以外にもあるのですか」

     

    浅田さん「ドイツの各地に何ヶ所もあります。ただ今回のこの講演会も、江戸川区では自治体が後援しておられるそうですね。素晴らしい試みを江戸川区はなさっておられると思います。江戸川区さん、頑張って下さい」

     

    司会者「ありがとうございます」

     

    小松さん「ドイツではブリーダーに対し厳しい資格とか、飼い主に対する決まり事とか、規制があるのですか」

     

    浅田さん「ドイツには、私も賛成派ですが犬税があります。犬を飼っている人は税金を払っている。それは無責任な飼い主を減らすための税金という形で捉えています。やっぱり余りに安易に飼えている現状を今見ると、犬を飼う場合、税金を払ってでもこの子と暮らそうというためにも、殺されないためにつかわれる税金として、日本にも必要じゃないか。まだまだ賛成、反対の意見が分かれていてどうなるか分かりませんが。」

     

    小野さん「お金の面では日本では集りにくい状況がありますけど、ティアハイムではどうですか」

     

    浅田さん「会員が16,000人、会費2,000円で運営しているそうです。そんな大金ではないですね。ボランティアさんも沢山います。病院もあり、犬、猫ばかりでなく兎、牛、馬もいます。ティアハイムの小っちゃい版でも、日本にもできるとたらいいですよね。それにしても日本では、保健所や愛護センターに持ち込まれる頭数が凄すぎます。ドイツの場合、このあいだのティアハイムでは300頭、それでも多いと向こうは言ってました」

     

    小野さん「貰い手が見つからないとどうなりますか」

     

    浅田さん「そこで過ごすことになります。環境は抜群で、お庭もあるし、びっくりしますよ、一人一部屋で、ワンルームマンションみたい。なんと床暖房つきですよ」

     

    小松さん「動物の老人ホームみたいですね」

     

    浅田さん「ここで犬はしつけを仕直して飼い主を探す、そんな試みをずっとやっている」

     

    小松さん「人間で一番幸せな国はブータン、犬ではドイツなのでしょうか。浅田さんが本当に幸せだなと感じられた事は?」

     

    浅田さん「やはりドイツでは殺処分がゼロだけでも素晴らしい。また、こうして面倒をみてくれる人が大勢いて、幸せだと思いますね。でもそんなドイツでも捨てる人はいるんです。本当の幸せは、ちゃんとした飼い主さんと知り合って、そこに最期までいられることだと思います。

        最近多いのは、お年寄りの方が寂しいといって飼われるケースです。その方が亡くなった時、親族で引き取る方がおられず、その子たちの行き場がなくて、センターへ連れてこられることが多くなっている。もしお年寄りが飼う時は、息子さんとか後々ちゃんと面倒をみてくれる人を考えて飼って頂けたらなぁと思います」

     

    小野さん「ドイツでは無責任に捨てる人はいないのでしょうか」

     

    浅田さん「ドイツではそれよりも助けてあげたいと思う人が多い。そしてしつけがキチンとしている。レストラン、デパート、電車で犬が人と一緒に「普通に」(浅田さん、再び強調される)いて、座っている。日本ではそうじゃないですね。粗相もさせるし、「可愛い!」だけで飼っている。私も躾の大事さを改めて認識しました。帰ってきて躾をし直しています」

     

    小松さん「老犬には躾も、もうどうでもいいやとついつい思ったりします」

     

    浅田さん「そうですね、老犬ではむしろ病気の管理が大切ですね。痛いとか、具合が悪いとか口がきけませんから、何時も気をつけて、自分たちで判ってあげて、病院へ連れて行くとか、注意してあげないといけませんね」

     

    司会者「所で日本の国では愛護活動にも様々な困難な事情がつきまとい、特に人間のしつけが出来ていないという根本的な問題があるように思えます。

       会田先生のお話にもありましたが今、愛護法の改正が進んでいます。浅田さんはどんな風に変えたらいいのか、ご意見がありますか」

     

    浅田さん「先ずブリーダーの資格制度、免許制度にして頂きたい。何頭まで飼えるか、規制すべきです。悪徳ブリーダーがいっぱいいる、増えてくるばかり。そして経営が崩壊してしまい、後をみんなで保護して助け合っていることもある。資格をしっかり作ることが大切です。次に飼い主さん達、去勢不妊手術をやって頂きたい。生まれちゃったからといって、5〜6匹センターに連れてくるのが本当に多い。生ませない方法があるのですから、実行して貰いたい。私も最初は手術をするのは傷をつけるみたいで、可哀そうだなと思っていました。しかし手術をすると男の子なら前立腺肥大、女の子なら子宮蓄膿症が防げます。またマイクロチップを入れること、判りますからね。他にもいろいろあります。幾らでもあります。虐待された時も、法律では、器物破損として「物」として扱われている現状も変えねばなりません」

     

    司会者「ドイツでは法律で相当に保護されているのでしょうか」

     

    浅田さん「そうですね、でもね、法律で保護することも大事ですが、法律よりも先ず「人」ですね。本当に何時から日本人はこんなになっちゃったのと思うのですけど、動物を大事に出来なくて、人を大事にできないんじゃないか、と本当に思いますね。核家族化して、おじいちゃん、おばあちゃんを大事にしないとか、そんなことにまで、全部来ていると思いますね」

     

    (会場から大きな賛同の拍手が起こりました)

      (浅田さんは、にっこり笑って、ぺこりと頭を下げられ、これに応えられました)

     

    司会者「飼育者に対して、是非言っておきたい、強調されたい事がありますか」

     

    浅田さん「犬、猫にもやはり気持ちがあるんですね、嬉しいとか、悲しいとか。なので自分と生活をするならば、家族とかパートナーとして、途中で絶対に捨てない、最期まで面倒をみる覚悟で接して頂きたいと思います」

     

    司会者「今日は有意義なお話を沢山、本当に有難うございました。今後ともお仕事の合間に、動物愛護活動にご活躍をお願い致します」

     

    浅田さん「江戸川区さんも頑張って下さい。自治体がこのようになさっておられることは、凄いなぁと思います。このようにみんながやってくれたら、もうちょっと、犬や猫と共生できる町が、あちこちに出てきてくれたらいいなぁと思います」

     

    司会者「今日は江戸川区の関係者の皆さんも、お出でになっています。私共も今後とも不幸な犬や猫が失くすために活動していきたいと思います。

    それでは最後に、岐阜のファンの小林さんから花束が届いておりますので、代わりに鈴木会長からお渡し致します」

    (鈴木会長から花束の贈呈)(拍手)

     

    司会者「それではこれで浅田美代子さんとのトークショウを終わります」

     

    (浅田美代子さん、花束を抱えて一礼され退場)(拍手)


    今回は短い時間でのトークショーでしたが
    浅田美代子さんの優しいお人柄と
    動物愛護への熱い想いが感じられる
    素敵な時間でした。


    浅田美代子さん、本当に有難うございました

    にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ にほんブログ村 その他ペットブログへ 
    にほんブログ村 犬ブログ 犬情報へ
    にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ 


    スポンサーサイト

    0
      • 2015.07.20 Monday
      • -
      • 01:40
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      アクセスカウンター

      welcome

      江戸川区ペットクラブ連絡会とは

      動物リンクいろいろ



      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR